鍋にいれて煮るだけ簡単、調味料なしでも美味しい豪快手羽元ポトフ

日に日に寒くなってきました。寒くなってきますとやはりおでん、お鍋、ポトフの出番が増えてきます。
まずは定番ポトフを作ってみました。
切って鍋にいれるだけ調味料は入っていないのに不思議とおいしいポトフになります。
食材の旨味のおかげですね。
今回はベーコンの代わりに手羽元をどんっていれてみました。鶏とソーセージの旨味が相まって美味しくできますよ。

材料
手羽元 500g
ソーセージ 1パック
ジャガイモ 3個
かぶ 4個
人参 1本
玉ねぎ 1個
アスパラ 2本
椎茸 3個
水 7合
出汁の素 5g
鶏ガラスープの素 5g
昆布(あれば) 少々

作り方
①手羽元に塩をしておきます。ベーコンのかわりのなので塩っ気を鶏からもらいます。
2%の塩をふっておきます。500gなら10gの塩です。1時間ほどおきます。

②野菜をカットしていきます。かぶは皮をむいてまるごとです。ジャガイモは一個を1/12くらいにカット。人参は半月又は輪切り。玉ねぎはくし型になるようにカット。椎茸は1/4にカット。アスパラは皮をむいてカットします。
どの野菜も存在感あるように大きくカットしました。

③1時間おいた鶏肉をフライパンで焼いて鍋にいれます。水、出汁の素、鶏ガラスープ、昆布を入れて炊いていきます。アクは出てきた都度とりましょう。そのあとは人参、かぶ、玉ねぎ、椎茸といれて、時間差でジャガイモをいれます。20分ほど炊いて人参が柔らかくなってるのを確認します。

味見をして良さそうなら火を止めてアスパラを余熱で火を通します。味が足りないようでしたら塩、味醂、醤油を足してください。
板前パパは何も足さないでも十分美味しかったですよ。

盛り付けて完成。

バケットと共にいただきました。
割と簡単なので皆様つくってみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする