お芋の味しっかりスイートポテト

娘が先日幼稚園の芋ほりにいってきました。
泥んこな恰好でかえってきて、見てみるとおっきいお芋が7本。

年中なんですがよくこんなにとれたなと・・もしかして結構強欲?!と心配になりました。

泥つきの野菜は最近スーパーでは見ませんね。
泥がついてると野菜の生命の強さを感じます。

下処理
よく洗って蒸し器で蒸します。太さにもよりますが20分くらいでしょうか。竹串でさしてみてスッと刺さればOKです。太すぎたら半分に割ると時短になります。

堀たてのせいか皮が破けました。
冷まして裏ごし。100均の裏ごしですがこれが大変。男でも大変なので女性はしんどいかも。近くに男性がいればやってもらったほうがいいです。

材料(5個分)
裏ごしサツマイモ 100g
グラニュー糖 11g
豆乳 30CC(牛乳・生クリームでも可)
バター 15g
卵黄 1個


作り方
①全部混ぜますが、裏ごしさつまいもが冷めていれば少し電子レンジで温めます。バターも溶けるくらいあたためます。オーブンを200度で余熱開始。
②豆乳・卵黄・バター・グラニュー糖の順にいれます。卵黄は全部いれないであとで刷毛で塗る分をのこしておくのがポイント。
③全部いれてよく混ぜます。手にくっつかないくらいがベスト。それでいて形成可能なかたさです。固さを見て固すぎるようなら豆乳をいれます。やわらかすぎなら鍋で水分をとばしてください。味見して味をみてください。甘さがもう少し欲しいようならグラニュー糖を足します。
④天板にアルミホイル(クッキングペーパー)をひいてサツマイモっぽくかたちを整えます。先程のこした卵黄をひと刷毛ぬってオーブンへ。時間は10分間。楽しみに待ちながらその間に洗い物をしましょう。

出来上がり。

子供も嫁ちゃんも美味しかったようでぺろっと2個食べてくれました。こういう瞬間が板前やっててよかったなぁと思いますね。

このレシピではお芋の味が甘さで負けない分量になっています。お芋の種類や時期によって若干違いがあると思います。
また食べさせたい人によっても出来上がりのイメージは変わってくると思います。今回は子供に食べさせることを一番にイメージしてつくりました。歯医者では虫歯予備軍があるような事を言われていますので・・砂糖漬けは嫌ですし。
なのでこのレシピを見ていただいた皆様も、レシピはあくまで材料や数値の参考にしてください。出来上がりのイメージとご自身の舌を信用してつくっていただければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする