真鯛ソテーの明太子バターソース

今日はお魚さんです。
塩焼き用の真鯛がありました。天然で600円安い!サイズは700g位でしょうか。
即買いです。近頃は市場よりスーパーの方がやはり断然安いですね。
鮮度は市場に軍配があがりますが、焼き物ならスーパーで買いですね。
割と脂もありましたし。明太子は形の崩れたもので大丈夫です。こちらもお手頃で手にはいりますね。

材料 (2人前)
真鯛 半身
アスパラ 2本
エリンギ 1/2パック
しめじ 1/3パック
バター 20g
ジャガイモ 1/2個
辛子明太子 50g
酒 45cc
濃口醤油 10cc
オリーブオイル 適量


下ごしらえ
①真鯛を3枚におろします。スーパーでやってもらえるので助かるのではないでしょうか。
中骨をとって切り分けます。一人2切れのイメージです。
②アスパラは皮をむいて、エリンギとしめじはちょうどいい大きさに切り分けます。じゃがいもは洗ってレンジでチンして串がスッと通るようにしておきます。
③辛子明太子は包丁の峰で皮から出しておきます。

作り方
①フライパンにオリーブオイルをいれて熱します。魚に塩を少々振って小麦粉をつけて皮目からやきます。
②じゃがいも、エリンギ、しめじをいれてソテーします。アスパラは太さによりますが一番最後。柔らかくなりすぎると美味しくないので、歯ごたえが残るくらい時間差でいれてくださいね。

③フライパンが2つあれば別のフライパンで明太子バターソースをつくります。バターをとかして明太子をいれて醤油と酒をいれるだけ。固さはお好みでお酒や白ワインを足すなどして調整していただいてもOKです。フライパンが二つないようでしたら②でお皿に盛ってソースをつくってください。

「☆いくついただけますでしょうか?」
子供 ☆1.5個 辛くて口の中がひりひりする!
嫁  ☆2.5個 旨い!このソースほんと作ったの!? ちょっと辛いけど。わたしにも辛いから           -☆0.5

ということでやはり女性陣には終始辛いの批評でした。私は好きな辛さですが、女性には明太子でよいかもしれませんね。お魚はおいしかったようで子供はソースなしでよく食べていました。
今回はアスパラ、じゃがいも、きのこで作りましたがご家庭ではぜひ冷蔵庫にある野菜やお手頃な野菜でつくっていただければと思います。基本何にでも合うソースだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク