一覧

鱈のから揚げ、野菜たっぷり関西風あんかけ。

今日は野菜たっぷりのあんかけです。外がちょっと寒い時には温かいあんかけがいいですね。
お魚は鱈をチョイス。鰆なんかも合いますよ~。

昨日は休みを利用して箱根へ紅葉狩りに行ってきました。嫁チョイスの彫刻の森美術館実は初めて行ったのですが、子供が満足できるちょっとした子供向けのアミューズパークみたいで驚きました。そんな箱根彫刻の森の様子もアップさせていただきます。

材料
鱈 3切れ
もやし 1パック
にら 1/2束
人参 1/4本
玉ねぎ 1/4個
パプリカ赤・黄 1/8個
えのき 1/3パック
しめじ 1/4パック
出汁 2合
薄口醤油 36cc(大さじ2+小さじ1+α)
味醂 36cc(大さじ2+小さじ1+α)
濃口醤油 小さじ1
出汁の素 10g
水溶き片栗粉

作り方
①生鱈は骨抜きで骨を抜きます。塩がしてある鱈なら水につけて塩抜きをしてください。
野菜は包丁をしていきます。人参、パプリカは千切りです。なるべくもやし位の太さに揃えると食感が良くなりますね。

②フライパンに胡麻油をひいて炒めていきます。硬いものから炒めていきます。人参と玉ねぎから炒めます。その後はどれも同じ硬さなのでどんどんフライパンにいれていきましょう。

③全体的に炒めたら出汁と出汁の素をいれます。続いて薄口醤油と味醂、濃口醤油を入れて少し煮ます。あとは水溶き片栗粉でとろみをつけて、あんは出来上がり。

④鱈は塩を少し振って、170°くらいの油で片栗粉つけてかりっとあげます。

⑤鱈を器にうつしてあんをかけて完成。野菜たっぷりです。

板前パパのつぶやき
この料理のあんは出汁10:薄口1:味醂1になっています。お酒を飲みながらですと丁度いい感じですが、ご飯のおかずにはちょっと物足りないと思いますので濃口醤油を小さじ1入れてます。濃口醤油がお好きなら濃口と薄口半々でもよいと思います。

まず一回10:1:1で作ってみて味見をされてから足していただければと思います。
割合と味の感覚を頭と舌で結びつけることが料理上手への近道です。


11月の箱根はいい感じ!

久しぶりの箱根。電車で行ったのですが、箱根湯元に着いたら激混み。みんな考えることは一緒ですね。
箱根に着いて休む間もなく、板前パパはある指令を果たす為に走ってます。
その指令とは・・コンビニに彫刻の森美術館の割引入場券をゲットすること。大人100円引きなんですけどね。たかが100円されど100円なんですね。
板前パパの上官ははもちろん毒舌嫁。またの名は検索嫁です。
嫁の検索では割引ページは印刷がなければダメなようで結局コンビニにダッシュする羽目に・・。
家から駅までの間にコンビニあったのに・・←これは心の中にしまっておきます。
コンビニは湯元の駅から250m位の所にあるので、いい運動だと思えばOK!ってことにします。

激混みの箱根登山鉄道もなんとかクリア。
やっと着いた箱根彫刻の森美術館。
検索嫁一押しでやってきて、果たして子供ちゃんは楽しめるか?
結果から言うと楽しすぎるようです。時間がいくらあっても足りない感じです。
私達は13時30頃着いたのですがいつまでも遊んでる~。なのでせっかく遠くまで行かれるなら皆様お早目に到着されるのがいいと思います。

何がそんなに楽しいかというと。


しゃぼんだまのお城。

これはエンドレスで遊んでました。もともと滑り台が好きなので、ちっちゃい滑り台がつながっている感じで楽しいようです。小学生と小学生より小さい子供に分かれているので、自分のペースで遊べるみたいです。

こちらはネットの森
きれいな色でみんな楽しそうにしていました。ただ年中の娘にはまだ難しいようで、ササッとくつを履いてここから出て行ってしまいました。小学生になったらまた挑戦させたいですね。

出口近辺にあるマルチホールにあるのがこちら


まばたきの葉

はっぱの形に切り取った紙の表裏に開いている目と閉じている目が描かれています。
この紙がたくさんあって、円柱の下の部分からいれるとてっぺんから噴き出して葉っぱのように落ちてくるのです。

これには子供達大興奮で通る子供達みんなはしゃいでました。

他では見たことない芸術作品ですね。
凡人には理解できない作品もありますが、芸術の秋を満喫した一日になりました。

一つ注意しなくてはいけないのはシャボン玉の城は完全に外。ネットの森もほぼ外なので寒い。箱根の11月は結構寒いので防寒して出かけて下さい。板前パパが寒がりなだけなのかもですが。

紅葉はいい感じでしたよ~。

 


たっぷりきのこのホイル焼き

今日はきのこと鱈のホイル焼き。

焼くだけ簡単料理です。

材料(3人前)
生鱈 3枚
エリンギ 1パック
舞茸  1/2パック
しめじ 1/2パック
白葱  1本
人参  1/2本
バター  18g
酒 適量

今回は生鱈ですので塩抜きなし。北海道産でした。
切り身の真ん中くらいの骨があるので骨抜きでぬきます。
100均でも骨抜き売ってます。
鱈の骨けっこう固いので抜いておくことをおすすめします。

あとはホイル広げておいていくだけです。
酒少々鱈にふりかけます。

このように巻いて。
焼きます。きのこと鱈から水分はでますので酒少々で大丈夫。
魚を焼く網にのせフライパンでふたをして8分位でしょうか。


ポン酢でいただきました。

小鉢は
グリーンサラダ
ほうれん草と柿の白和え。


スポンサーリンク