itamaepapa一覧

簡単なのに本格派のそら豆塩ゆで

春も中盤。初夏並みの気温の日もありますね。そら豆の旬も中盤くらい、だいぶお求めやすくなりました。

甘いそら豆の塩ゆでご家庭でも簡単にできます。
お子様のおやつにもおつまみにも最適です。しかもサヤをつかえばインスタ映えも間違いなし。子供が驚く姿も目に浮かびますよ!

では
そら豆の選び方から。さやの中身が見れれば一発でわかるのですが、スーパーでは見ることができないですよね。市場で好きな量を詰めれるのでその時こそっとサヤの中を見ることができるのですけどね。
サヤは青いものを、黒くなってたり黄色くなりかけてるのは古いものなので避けてください。むいてあるそら豆は古いものはお歯黒が黒くなります。新しいものはお歯黒の部分は皮と同じ色です。とにかく色の鮮やかで綺麗なものをですね。これは野菜にはほぼ当てはまりますね。

ではサヤから出します。そら豆を食べやすくなるように包丁で切れ目をいれておきます。


あとはお鍋でお湯を沸かします。沸いたお湯に塩をひとつまみ。

まずは大きい粒のものから入れます。またはお歯黒の黒くなっている粒からです。収穫されて時間がたっているものは硬くなっているので茹でるのにはちょっとだけ時間が長くかかります。なので古いものはもしくは大きいものから茹で始めていきます。

大きいものはだいたい80秒くらい。中くらいのもので65秒といったところでしょうか。ちいさいもので55秒くらい。なので大きいものをいれてから15秒のところで中くらいの粒、25秒くらいで小さい粒のもをいれます。
数え始めて80秒のところでザルに上げればいっぺんに茹で上がります。ざるにあげたら塩を振って出来上がり。
サヤは途中で2本程いれて20秒くらい色出しして取り出しておいて下さい。サヤの中にそら豆が、顔を出すように盛り付けて完成です。


そら豆の甘味と塩っ気でとまらなくなります!
そら豆が美味しい時期は4月いっぱいぐらいですので是非ご賞味ください。


家でもできる、筍の下処理の仕方

筍が出始めてきました。
スーパーでも湯がいたものも売っていますが、やはり生の筍は味わいも歯ごたえも香りも段違いですね。筍ご飯、若芽と筍の煮物。揚物でも出来ますし、筍で春を感じてみてはいかがでしょうか。

では筍の下茹での仕方を紹介していきます。
筍は今回は熊本産の孟宗竹です。

一本450gくらいのものです。筍は切り口の新鮮のもの、土が付いてるのもいいですね。

先を切る
洗った筍の先の方を斜めに切り落としていきます。

切り口の横からを縦に切れ目をいれておきます。湯がいたあとにこの切れ目から皮をむいていきます。

湯がいていく
切れ目をいれたら鍋にいれていきます。ぬかと赤唐辛子をいれて水を入れていきます。

目安の量は
筍2本 900g位
水 3000cc
ぬか 150g
赤唐辛子 2本

 

スーパーでは筍を買うとぬかがついていると思いますが、板前パパ的にはあの量では足りないと思います。
渋みがきつすぎますと食べれませんからね、ぬかは結構多いいほうがいいと思いますので、別で購入してください。
吹きこぼれに注意!
ぬかをいれた鍋は火にかけてると吹き上がってきますので最初は水を少なめにします。
沸騰するまで出来れば鍋から離れない方がいいですね。
あっという間に吹きこぼれてきますから、ふきこぼし何回もやってしまって掃除が大変。
きをつけてください。

沸騰したら落とし蓋。落し蓋かはければアルミホイルで大丈夫です。筍が顔をださないように水が少なくなったら水を足してください。この450gくらいでしたら30分くらいです。

金串か竹串で太いところを刺して、スッと引っかかる感じがなければオッケー。このまま鍋において冷まします。4時間くらいおいてから皮をむいていきます。

先ほど切れ目をいれたところから親指をいれてむいていきます。

こんな感じまでむいておいてから包丁で綺麗にしていきます。先のほうは色の黒くなっている下側に包丁で切り落とします。

この先っぽのケバケバが出ないところまでむいていきます。

軸の方は黒いつぶつぶが残っている所は包丁でむいておきます。包丁の峰でこそいできれいにしていきます。
きれいになったら半分に割って水にさらして保存します。

アクがあるのでお料理に使えるのは翌日からになります。
水は、毎日かえてくださいね。

使うときは切ってから水からゆがいてを2回繰り返しますが、まずは切って少し味見をしてください。あくの残り具合で湯がく回数を決めてください。


小豆からつくる火にかけておくだけ。簡単お汁粉。

いやいや寒い日が続きます。
立春すぎたらいい加減暖かくなってよ~って誰もが思っていますよね。

低温注意報なんてでてしまって、そんな注意報あった?って思うくらい今年は寒いですね。

子供も風の子のはずなのに冬はちょっとですぐ春が来たらいいのにって嘆いてました。
春は春で花粉症が今から憂鬱です。

さて寒い今日はお汁粉つくりました。
少しでも暖まりたいですね。
小豆は他の豆と違って前日から水につけておく必要がないので、思いつきでもすぐ取り掛かれるのが嬉しいですね。

材料
小豆 125g
砂糖 110g
塩 一つまみ

作り方
①小豆を鍋にいれて水を3合(540cc)いれて火にかけます。沸騰させてざるに小豆をいれてお湯を捨てます(渋きり)。この作業をもう一回くりかえします。
もう一度捨てたら、新しい水を3合いれて中火にかけていきます。

②あとはひたすら小豆が柔らかくなって皮がやぶけるのまでコトコト火にかけてください。
水が減ったら水を足してください。

※小豆が柔らかくなるまで砂糖、塩はいれないでください。
大根や里芋を柔らかくするのと一緒で食材が柔らかくなる前に調味料をいれてしまうとなかなか柔らかくならないので、必ず柔らかくなったか確認してください。

③小豆が柔らかくなったのを確認したら砂糖、塩をいれます。砂糖は110gでつくりました。私的には最初は薄いかなって感じましたが一杯食べたらそこそこ甘く感じましたので甘味を薄くしたかったら100gでいいと思います。

④お餅をやいて完成です。


 


ちょっと以前に、流行ったもつ鍋のお味は如何に。

いや~寒い日が続きますね。
この寒さいつまで続くの?
毎朝お布団からなかなかでられません。

貼るカイロやめれません。
40歳過ぎのオッチャンにはこたえます。

春が待ち遠しいですが、春は春で花粉が・・・

さて今日は一人飯。何にするか思案。
一人ならあれにするか。そうローソンの冷凍もつ鍋。
去年話題になった。といっても知る人ぞ知るかもしれませんが。

ラジオで激ウマっていってたのでいつかは食べてやるって思っていました。←テレビ見ないもので情報はラジオかスマホのニュース見てるくらいなんです。

ローソンのもつ鍋、冷凍で380円(税抜き)。けっこうしますけど。
思い切って買っちゃいました。期待に胸をふくらまして。

フィルムをはがすとこんな感じ。

野菜は入っていないんですね。
もつ鍋といったらニラでしょうけど、ニラ買ってない。

今から買いに行くのもちょい面倒。
残ってた水菜にしちゃいました。あとは白ネギ。

ホイルのままだと味気ないので小鍋に移して。
待つこと5分、焦げるといけないので弱火待ちます。

完成。

お味は、ん・・もつ硬い。もつ鍋のもつはもっと柔らかいイメージなのに。

味はピリ辛でうまいです。

ただ・・もつは結構お固い。
味はいいだけになんか残念。

このお味はいいですね。もつ鍋は「絶対つくるぞリスト」に追加します。

 


寒い日にはおでんに限ります。

1月22日。降っています。そう、雪がお昼前からず~~と。
そしてがっつり積もって寒いのなんの。
天気予報ばっちりあたって・・こんな時ははずれてくれって思うのは私だけ。

午前中、ラジオを聴いていたら、おでんて聞こえてきたので晩御飯はおでんに決定。

こんな日は暖まるもの食べたいですよね。

材料
玉子 4個
蒟蒻 1枚
はんぺん 1パック(3枚)
ちくわ 1パック(3本)
さつまあげ 1パック(4枚)
分厚いお揚げ 1枚
大根 1/4本

お出汁 8合
薄口  100cc
みりん 90cc
かつお 20g

作り方
①食材をカットしたり下処理していきます。
玉子は水からゆでて沸騰したら中火で10分。時々ころころ転がすのを忘れずに。10分たったら殻を叩いて少し割れ目をつくってから水へ落として冷やします。
割れ目をいれることでツルンツルンに殻がむけますよ。

蒟蒻は包丁目を斜め3mmくらい両面にいれます。そうすることで味がしみこみやすくなります。6等分に切って水から下ゆでしてあくをぬきます。

大根は輪切りにかっとして皮をむいて半月になるようにカットします。とぎ汁にいれてしたゆでします。とぎ汁がなければ炊いたお米をいれても大丈夫。とぎ汁を使うと大根の臭さが抜けやすいですし短時間でゆであがるのでとぎ汁を使うことをお勧めします。

はんぺん、ちくわ、お揚げ、さつまあげはカットします。

②下ごしらえが終わるとあとは炊くだけ。鍋に具材をいれていきます。硬い蒟蒻やちくわさつま揚げを下にします、柔らかいものは上の方におきます。つぶれてしまいますからね。

お出汁をいれて炊いていきます。お出しは出汁パックなどを使われてもいいですね。沸騰してきたら火を弱くして味醂、薄口醤油をいれていきます。おでんには薄口醤油がいいですね。
追い鰹をしていきます。炊いているところに鰹の旨味を追加してあげます。この追い鰹が大事です。リードペーパで鰹をくるんで輪ゴムでとめます。
これを鍋にいれて出汁につかるようにします。

コトコト40分くらいで完成です。
小鍋をつかうと長い間あつあつで食べることができますね。

 


5分でできる簡単いちごみるく羹

いちごがやっとお安くなってきました。
最近ではお野菜高値続きで困りますね。

2月には高値も若干解消されるみたいなのでひたすら待つのみです。

いちごが小粒ですが手頃な価格ですので買ってみました。
手頃価格のもので甘味もちょっと弱いです。酸味が強いので工夫が必要です。

練乳をかけてもいいのですが、練乳は甘味が強すぎるので、いちごみるくをつくってみました。

牛乳、生クリームをあたためて混ぜて冷すだけ、簡単美味しいいちごみるく羹おすすめです。

材料 4人分
牛乳 200cc
生クリーム 100cc
粉ゼラチン 6g
砂糖 70g
苺 12ヶ
フルーツ

作り方
①粉ゼラチンを器に入れて水をいれてゼラチンをふやかします。5分ほどおいときます。水は粉ゼラチンの1.5倍の分量あれば大丈夫。しっかりふやかすことが大事です。

②器に苺を半分にきっていれます。おおきければ1/4まできってください。

③鍋に牛乳、生クリームを入れて火にかけていきます。少し温まったら砂糖を入れてよくかき混ぜます。
砂糖がとけたらゼラチンをいれてよくかき混ぜ溶かします。ゼラチンが溶けるまでしっかりかき混ぜることがポイントです。よくかき混ぜないと沈んで鍋の底についてしまうことがあります。

 

④ボールにうつし、氷水にあてて冷やします。少し硬くなってきたら苺のはいっている器にいれて冷蔵庫で冷やします。3時間ほど待って完成です。

フルーツを盛って完成です。黒豆もいいですね。黒は色目がひきしまりますね。

 


いわたに炎たこ初登場!焼き加減は如何に。

一か月ぶりの投稿になってしまいました。

板前という職業柄12月は繁忙期。ブログを始めてから迎えた初めての12月。
やはり日々なんとか店を廻すことで精一杯。ブログは何もできませんでした。

1月にはいって落ち着いてきたのでようやく久しぶりの投稿。

年末に買ったたこ焼き器の出番がやっときました。
そのたこ焼き器はこちら
いわたにの炎たこ

 

このたこ焼き器、もうすぐ消失する期間限定のポイントがちょっとあったのですが、何か買うものがないかと思案したのですが・・見当たらず。
前から目をつけていたたこ焼き器買ってしまいました。

消失ポイントより払ったお金のほうがだいぶ多くなってしまい、まんまとポイント会社にやらえてしまいましたが・・・・

もっと安い電気のタイプもあるのですが、この炎たこガスで火力も強そうで期待できます。

つくったのは実は1月2日。いつもは行かないスーパーへ初めて行きました。
ここで板前パパ大なんと失態をしてしまいました。

今回は初めてでしたので粉は銀たこの粉を購入。

蛸ももちろん買わなきゃ。
年始は高いなぁ~。でも国産がいいなぁなどぶつぶつ言いながら買って帰宅。

事件は起こりました。
蛸のパックをあけるとなんかすっぱい臭いが・・・・まじかこれ酢だこじゃん。

板前失格のミスをやってしまいました。全然気づかなかった。色が赤くない酢だこだなんて・・。
仕事で目利きが一番大事なのに。
こんな初歩的なミス。

ご飯のあとには買い物が控えているので交換にはいけず。とりあえず切って水でさらすことに。
年末で疲れているからだと自分にいいきかせ、酢がぬけるといいなとつくりましたが。

やっぱり短時間ではぬけません。すっぱいたこやき凹みます。一発目なのに・・

へこんでる板前パパに嫁ちゃんが「ソーセージとチーズはどう?」

そうきたか
ナイスアイデア!
さっそく焼いてみました。

生地のいれる分量がピンときませんが。

見た目なんかいい感じに。

評価的には銀だこにはかないませんが、初めてにしてはまずまず。
道具の準備もしていないので今度は準備万端で臨みたいと思います。

いわたにの炎たこいいですよ!ガスボンベで火力調節も手軽にできますし、おすすめ商品です!

次回は普通の蛸でつくるぞ。


超絶簡単、焼き鳥丼。我が家にルーロがやってきた

今日は焼き鳥丼。
焼き鳥屋さんは下火で焼くから香ばしさがいいですよね。
家庭ですから香ばしさはでないのですが,フライパンで手軽にできてヘルシーで美味しいですよ。

材料
鶏モモ 1枚
白ネギ 1本
きざみのり
濃口醤油 大さじ2
味醂 大さじ4
酒 大さじ3
砂糖 18g
油 少々

作り方
①鶏はもも肉を半分にきってから薄くそぎ切りします。もらった下仁田ネギがあったので下仁田をつかっています。下仁田は2センチくらいの幅でカット。

②砂糖以外の調味料を合わせておきます。砂糖はフライパンに後入れになります。

③フライパンに少量の油をいれて温めておきます。鶏に小麦粉で打ち粉をして焼いていきます。程よい焼き色がついたら、ひっくり返します。ひっくり返したところで葱を投入。

④両面焼けたら②で合わせた調味料をいれて煮詰めていきます。ここで砂糖を入れます。

⑤ここで調味料がほどよくなくなるまで煮詰めて完成となります。出来上がりに山椒があいますのでお好みでどうぞ。

我が家にルーロがやってきました。

ルーロって?と思う方も多い方も多いかもしれません。ルーロはパナソニックのお掃除ロボット。ジャパンブランドです。
やっぱりシェア的にはルンバですね。ルンバは7割のシェアですので、ルンバの方がピンとくるのではないのでしょうか。
ルンバはアイロボットアメリカ製です。ルンバもいいのですがアメリカの家と日本の家って全く違いますよね。アメリカいったことないけど・・テレビでみるとまぁ広いですよね。
なので日本の家向きにつくっているルーロのほうが使い勝手がよさそう。ルーロは赤外線のセンサーで壁にぶつからないらしいです。
らしいというのは・・まだ使ってないからです。日中家に居れるわけではないので・・。こちらは使った感想を後日あげさせていただきます。


失敗なし。絶品鶏マヨみそポン。

久しぶりの投稿になってしましました。
というのもパソコンの調子が悪くて応答なしの連発。
一時は買い替えを覚悟しましたが、何とか復活しました。
ウイルスに感染したようでウイルススキャンで取り除けたようです。
パソコンは初心者レベルの板前パパなので、パソコンに強くなりたいものです。
今日はといっても一週間程前につくったものですが・・
簡単鶏マヨみそポン酢です。
マヨネーズと味噌とポン酢。相性のいい食材ですので簡単かつ美味しくつくれますよ。

材料 (2人前)
鶏モモ 1枚
玉ねぎ 1/2個
人参 1/5本
白ネギ 2/3本
レタス 2枚
マヨネーズ 45g
味噌 30g
ポン酢 40cc

作り方
①鶏をせんいを切るようにそぎ切りしていきます。厚くしないほうが火がはいりやすくなります。玉ねぎは繊維にそって、人参はせんぎり、白ネギは笹うちしておきます。

②マヨネーズ、味噌、ポン酢の順番にまぜておきます。

③フライパンに油をいれてあたためます。鶏に小麦粉で打ち粉をして焼きます。蓋をして表、を焼きます。いい焼き色がついたら鶏をひっくり返してフライパンの片一方へできるだけ寄せます。空いたスペースへ油を少々たらして人参、玉ねぎを入れてやいていきます。人参が柔らかくなってきたら白ネギをいれていためます。
全体的に火がとおったら②で合わせたタレをいれてからめて完成です。


簡単濃厚、豆乳明太子バター稲庭うどん。

今日はうどん。うどんは初投稿です。
明太子バター+豆乳の組み合わせはこれだけで美味しい気がします。

稲庭饂飩は乾麺です。かんざしという、うどんを使ってみました。かんざしは女性が髪を結わうかんざしに似てるところからきたようです。やはり稲庭は喉越しがいいですね。

材料
稲庭うどん 180g
豆乳 500cc
水100cc
本だしのもと 6g
バター 24g
辛子明太子 60g
薄口醤油 10cc
刻みのり
大葉(あれば)1枚

作り方

①麺をゆがきます。使う麺によってちがうと思いますが。かんざしは4分です。稲庭は比較的湯がく時間は短いですよね。

②明太子は半分の分量を包丁の峰で皮からだしておきます。

出汁をあわせます。豆乳、水、出汁の素、バターを鍋にいれて火にかけます。

③麺が湯がけたらザルにあげて冷水又は氷水でひやします。

  • ポイント うどんの芯まで一回冷やします。冷やさないと余熱でコシの抜けたうどんになります。

冷えたら水をきって、再びお湯で温めます。

④出汁を器にいれて麺をいれて、明太子、大葉、海苔を盛り付けて完成。

板前パパのつぶやき

和食には五味、五色といわれています。

五味は旨味、甘味、酸味、苦味、辛味。

五色は黒、白、赤、緑、黄。

食卓にこれらが組み合わされると華やかであったりバラエティーに富んだ食卓になりますね。

今回、大葉や海苔をつかったのも、五色を意識しました。大葉なんかないよと言われてしまいそうですが、そんな時は緑の他のもの葱や三つ葉で代用してください。

そんな小さいことの、積み重ねが料理をワンランク上に押し上げる一歩だと思っています。

パクチーなんかも合いそうですね。板前パパはパクチーが苦手なんですが、今度チャレンジしたいものです。

 


スポンサーリンク