鰯が美味しくなる時期です。鰯丼と鰯のさばき方徹底解説します。

これからは鰯が美味しくなってきます。
暑いときはさっぱり鰯丼

今日は暑かったですね。あと一歩で夏日ですよ。
アイスやかき氷が美味しい時期がやってきますね。

魚の青物も美味しくなります。
あじ、いわしは脂がのってきて「まいう〜」です。

暑いときに生姜醤油で食べるあじ、いわし最高ですね。

いわしは一時高級になったなんて言われてましたが最近では割とお手頃価格です。スーパーでは捌いてくれますが、なんか自分で捌けたらカッコいいですよね。
わりと簡単なので捌き方解説していきます。

生きている姿のままを子供に見せれることは食育にも繋がりますね。
命を頂いているのがもろわかりますもんね。

まずは鰯さん。片口鰯やうるめ鰯がいますが刺身で食べるならやはり真鰯ですね。

捌いていきます

最初に買ってきたら水で洗ってください。海の魚には腸炎ビブリオが付いている可能性があるので要注意。でも水で洗えば簡単にとれます。
まな板の上につかないように一番最初に洗いましょう!
では洗ったら頭とお腹を落とします(切ります)。ハラワタを出して洗います。←慣れないとちょっとグロイです
洗ったら水気をふきます。

ではさばきますが鰯の骨は柔らかいので包丁ではなく手でさばいていきます。

このように右手の親指を骨の下側に入れて尻尾の方へ進ませながらさばきます。

次は右手の人差し指で骨の上側を頭の方へ進めて捌きます。

これで鰯を開くことができました。ここから腹骨と背びれを取り除いていきます。ここからは包丁の出番です。

開いた両脇の骨を包丁で取り除きます。背びれは包丁で切り落とす感じです。
大きい骨はなくなったのですが小骨はあるので気になら方はピンセットで取り除いて下さい。私は気にせず食べてしまいますが。あとはもう一息。皮をむきます。

皮を指でつまんではがす感じで簡単にとれます。あとはお好みにカットして温かいごはんにのせるだけ。

生姜やネギ、茗荷や大葉。香味野菜ならなんでも合いますよ!

生姜醤油をかけていただきま〜す!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク