ご家庭でもお店の味。美味しくお財布にも優しい蕎麦つゆの作り方紹介します。

世間はゴールデンウィーク。どこ行っても人で溢れてるでしょうね。
もちろん板前パパは休みなしで仕事です。
ゴールデンウィーク関係ないって方もいらしゃいますよね。
そんな皆様お仕事がんばりましょう。

今日はおうちでお店の味を。暖かい蕎麦つゆの作り方をご紹介します。

お蕎麦って出汁がしっかり効いていて美味しいですよね。
しかし出汁の効いているお蕎麦屋さん結構お高い。

天ぷら蕎麦だと軽く1000円こえてしまいますよね。一家4人で食べたらお財布に打撃が・・・パパはお安めのたぬき蕎麦にしようなんて思ってしまいます。

おうちで蕎麦を湯がいて、出汁を作ればお好きな具を載せまくっても
そんなにお財布は気になりませんよ。

市販の麺つゆでつくることも出来ますが美味しいにはちょっと届かない。
是非お出汁をとっていただきたいです。


基本の出汁の取り方はこちらをご覧ください。

日本の世界へ誇れる和食、その和食の旨さを出すのに必要な出汁。 昆布と、鰹がくれる海の恵みです。 便利な顆粒の本出汁がありますけど、旨...

出汁はご飯、煮物、麺類ほんとに幅広い料理に使えますから是非毎日とっていただきです。

では蕎麦つゆの作り方。和食では割合が大事になってきます。
蕎麦出汁の割合のポイントは14です。

出汁14
濃口醤油1
味醂1
これに追い鰹します。
追い鰹は濃い鰹の味が欲しい時に、出汁にさらに鰹などの出汁を加えることをいいます。

造り方(二人前)
出汁720cc
濃口醤油50cc
味醂50cc鍋にいれます。

追い鰹はこちら蕎麦やうどんに使いやすい混合出汁があります。

さばやいわし、むろあじの厚削りがはいって
なかなかいい出汁がでますマジオススメです。

業務用とありますが普通にスーパーに売っています。
値段も手頃ですよ。

合わせた出汁を沸騰させたら厚削りの出汁を12gを鍋にいれます。

火加減は少し沸騰させる感じ。あくが出て、旨味が出汁に移ります。
アクはしっかりと取り除きます。

3分くらい煮出したらこして完成です

お蕎麦をゆがいてお好きな具材をのせて出来上がり。
天婦羅をのせました。
美味しくリーズナブルな蕎麦お出汁是非挑戦してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク