辛さは自在、簡単手に入る調味料で美味しい麻婆丼。

暑い時にはやっぱ辛いものでしょ!

暑いときこそ汗をかく食べ物食べたくなりますね。何でですかね。
あまり辛いとお腹くだす時もあるのですが、やばいかなと思いつつも食べたくなります。

麻婆豆腐の素はたくさん売っているのでそれを使ってもまぁまぁ美味しいのですが、やっぱり自分の好みにした方が旨いです。

中華は本職ではないので完璧ではないのですがまずまずでしたよ。
使う材料はこちら。辛いのがお好みならコチジャンの替りに豆板醤使ってください。

材料 (2人前)
葱     1/2本
生姜    10g
にんにく  2片
豆腐    400g
合いびきミンチ 100g
甜麺醤   25g
コチジャン 5g
醤油    10cc
出汁(又は水)1.5合(270cc)
山椒    お好みで
ラー油   お好みで
水溶き片栗粉 適量

造り方は葱を小口に切って生姜、にんにくはみじん切りにします。
ご家庭ならみじん切りではなくてもそこそこ大きくてもそれはそれで
美味しいかなとも思いますが。

ごま油をフライパンにひいて①を炒めていきます。いい香りがでるまで炒めます。

葱、生姜、にんにくのいい香りがしてきたら合いびきミンチをいれてほぐしていきます。

合いびきミンチがほぐれたら出汁を投入。
出汁がなければ水と鶏ガラスープの素でオッケーです。
出汁は中華食材には負けてしまうのですが体には良いからつかっています。

甜麺醤、コチジャン、醤油、ラー油を、あれば山椒をいれてください。
山椒はコクが増しますね。

味見をして水溶き片栗粉ででトロミをつけて完成。
丼にするなら気持ち濃い目で、ご飯と別々ならそこまで濃くしなくていいです。
いつも味をつける時は出来上がりをイメージして味をつけるようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク